創業からの歴史

昭和8年創業
創業者、山田義一が東京で修行を終え、昭和8年に静岡県浜松市鍛治町にて「藤屋」を開店。
戦災で店は焼失したが、戦後、場所を移転し浜松市肴町で店を再興し人気を博す。
昭和35年に地下1階、地上4階のビルに建て直す。

二代目、山田芳太郎が経営を継承。
昭和52年、静岡県磐田市にロードサイド店「天竜そばニュー藤屋」を開店。
昭和58年、浜松市渡瀬町に二号店「天竜そばニュー藤屋渡瀬町店」を開店。

平成8年、三代目、山田隆久が経営を継承。
平成12年、「天竜そばニュー藤屋磐田店」をリニューアル改装。
平成17年、浜松市高林町に「天竜そば一心庵」を開店。
平成22年、浜松市三方原町に「天竜そば松風庵」を開店。

創業当時/鍛治町店

昭和37年頃/肴町店

昭和8年/創業者と2代目

昭和37年/創業者と3代目